学校長挨拶のページです。


 
 コンテンツ
 学校長挨拶

 日ごろ、本校の農業教育に深い御理解と御支援をいただいておりますことに厚くお礼申し上げます。本校は明治26年(1893年)に「農事講習所」として開校、今年で126年目を迎える歴史と伝統を持つ農業の専門高校です。福井市中の北東部に位置し、6.1haの学校敷地、4.7haの農場、また130haの演習林を持つ自然環境に恵まれた学校です。

 福井は「食育」の祖と言われている石塚左玄の生誕の地であり、また松平康荘(松平春嶽の孫)が1893年に福井城内に「松平試農場」を開設するなど、「食」と「農」に関して先駆け的な取り組みがなされている地域であります。この精神は今の本県の教育、また農業教育に受け継がれていると言えます。本校においても校訓「大地(たいち)に生きる」のもと「食」と「農」また「環境」に関わる学習、体験学習を重視し、これからの生命産業を担うスペシャリストの育成、また地域産業を担う「農業配慮者」(塩見直紀氏)の育成に努めています。

  地域の農業高校としての取り組みも多く、「ふれあい農園」「ふれあいマート」を開設、地域の方々との交流を深めています。このような社会体験を積むことによって「生きる力」をしっかりと身につけ、たくましく成長してくれています。

 本校の発信として、当HPを随時更新していきます。

  今後とも本校農業教育に御理解と御支援をよろしくお願いいたします。

 

福井県立福井農林高等学校  

校  長    橋 秀 幸

 

上へ▲
〒910-0832
福井県福井市新保町49-1
TEL:0776-54-5187  FAX:0776-54-5188